スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和紙のデザイナーの方々

日本中にあふれているモノの中で
モノにこだわりを求める消費者の方が
増えてきています。

同じコップでもデザイナーの方の
手にかかるとたちまちお洒落なコップになります。

それこそインテリアとして飾れるような
センスの良いコップになります。

同じ材料を使って、同じ道具を使っても
デザイナーさんが作られたような
バランスが良くて飽きがこないコップには
なかなかなりません。

これはコップのデザイナーさんの世界だけではなく
和紙のデザイナーさんの世界でも通じる
ことがらではないかと思います。

和紙の素材としての魅力を理解することと
和紙の魅力を活かしつつ
思いを形作る。

和紙をデザインし、和紙で創作する方々って
とても素敵ですね。
スポンサーサイト

和紙といえば京都?

伝統のある和紙の本場ってあるのでしょうか?

田舎料理やお酒、焼酎のように
◎◎料理の本場はここ!とか
○○焼酎ならオススメはコレ!
というようなものです。

和紙もいろいろなところで作られて
いるようです。

たとえば、地域別で作られている和紙であれば
越前和紙、美濃和紙、土佐和紙など
ありますよね。

和紙って古風な感じがするので
和紙の本場、和紙といえば京都かな?
って思います。

実際とイメージって違うことがあるので
和紙の本場は京都ではないかもしれません。

私の独り言として読み流して下さい。

インテリアに使われる和紙

伝統のある和紙の良さに気づくと
日常の生活の中で使われているいろいろな
素材のことが気になり始めました。

部屋の中にあるものの素材をみても
いろいろなものが使われています。

最近はインテリアに使われる和紙が
多くなってきているそうです。

和紙の良さが再認識されているのかも
しれません。

もちろんお部屋を飾るお洒落な方が
増えたということもあると思いますし、
インテリアにこだわりをもつ方が
日本の伝統的な和紙の魅力に
気がつき始めていることのあらわれ
だと思います。

和紙のカレンダー

和紙のちょっとお洒落な使い方を見つけました。

それは古風な感じの和紙のカレンダーです。

伝統がある和紙の良さが活きた温かみがある
カレンダーでした。

どこにでもあるような画一化されたカレンダー
ではなく、手作り感のような温かみがある
カレンダーです。

カレンダーの用紙の端がカットされた感じの
和紙のカレンダーもありましたが
私が気に入ったのは和紙の感じが良くわかる
カレンダーの端がカットされていない
タイプです。

最近はパソコンが普及したせいか
手書きの文字を見なくなりました。
だからこそ和紙のカレンダーの
手書きの文字が新鮮に感じるのかも
しれませんね。

和紙の人形はとても温かい

和紙の暖かさを活用した用途としては
お人形さんがぴったりだと思います。

布や木で作られたお人形さんも
愛らしくて素敵なのですが
私は和紙のお人形さんが持つ独特の
雰囲気というか温かさが好きです。

和紙のひな人形や和紙を使った創作人形の
愛好家もたくさんいて、和紙がもつ神秘的な
魅力と不思議と和む温かさを活かした
お人形の創作活動も活発に行われています。

和紙の人形を見かける機会が
昔に比べるととても少なくなっていると
思います。

小さなころから温かみのある和紙の人形に
触れて、和紙の良さをもっと体験して
いただきたいものです。
 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。